Zepp Osakaベイサイドキャパ(収容人数)

2017年2月にいよいよオープンする大阪2つ目のZepp、Zepp OSAKAベイサイド。

キャパ(収容人数)は2801人(スタンディング時)。

Zepp Osakaベイサイドは、大阪では、大阪ドーム、
大阪城ホール、大阪城野外音楽堂、フェスティバルホールに続く
5番目の収容人数。

Zeppでは国内最大級で、なんばにあるZepp なんばの2513名をも
上回ります。

アクセスはUSJの近くで、JR桜島駅から徒歩圏内。

大阪のコンサートホールは一時、フェスティバルホール、厚生年金会館
ほぼ同時期に改装、ZeppOSAKA閉館など他府県の大都市と比較して
圧倒的に少なかったですが、フェスティバルホール、オリックス劇場、
ZeppOSAKAベイサイドが次々に完成し、問題が改善されつつあるでしょう。

後は橋下前大阪市長が掲げていた、きたうめだに東京国際フォーラムのような
5000人規模のコンサートホールの構想はどうなったのか?

これが出来れば、大阪の音楽業界もさらに発展していくのでは?
と思うので、ぜひ吉村市長に実現してもらいたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ