東京と大阪でエスカレーターの立ち位置が逆な理由

東京と大阪でエスカレーターの立ち位置が逆な理由

東京と大阪でエスカレーターの立ち位置が違うのをご存知ですか?

東京は左に立って、右側を空ける

大阪は右に立って、左側を空ける

これ関西でも京都と滋賀は右側を空けていて
実質大阪と京都・滋賀でも違うんですよ。

スポンサーリンク

また、兵庫は大阪と同じで右に立って左側を空けますが、
岡山広島以西はすべて東京と同じです。

ちなみに、世界では多くが大阪と同じで右に立って
左側を空けています。

では、なぜ大阪や兵庫だけ全国と違うのか?

これは1970年に日本で初めて大阪で開かれた万博に影響してるんですね。

万博では世界基準に合わせていたので、
大阪では左側を空けているんです。

当時、混雑時のアナウンスでも左側を空けて下さいと駅員が言っていたようで
その名残で今でも大阪では左側を空けているんですね。

以上。

東京と大阪でエスカレーターの立ち位置が違う理由でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

Sorry. No data so far.

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ