メガネ屋さんで社員かアルバイトか見分ける方法

メガネ屋さんで社員かアルバイトか見分ける方法

結論から言うと、手の親指の爪が長い人は社員です。

これはメガネの修理をする時や加工する時に爪が長い方が
圧倒的に便利で、とくに半分縁のないフレームのレンズを外す時に
大活躍します。

スポンサーリンク

なぜこういうことを言うかと言うと
メガネ屋さんで自分のメガネを選ぶ時
見た目だけで選ぶと失敗することがあります

というのも、メガネは度数によってレンズの厚みが変わって
枠からレンズがはみ出してしまったり、目が小さくなったり、
思っていた出来と違うことになりやすいからなんですね。

目がそこまで悪くない場合、上記のことを気にしなくてもいいですが、
目がかなり悪いと自覚している場合、

しっかりメガネ屋さんのプロのアドバイスを受けて
メガネを購入した方が失敗はありません。

そういう時にそういえば、親指の爪が長い人は社員さんだと
知識として入れておけば、社員さんに具体的なアドバイスを聞けるんですね。

ぜひ今度メガネ屋さんで店員さんの親指の爪を見てみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

Sorry. No data so far.

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ