関西弁の代表格おおきに。
言わずもがな、ありがとうという意味ですが、
関西では日常でも使うのか?というと、

70歳以上の年配の人は日常使うこともあるけど、
一般的におおきにを使わず、
関西の人も普通にありがとうと言います。

ただし、
商売人は仕事で普通におおきにを使います。
タクシーの運転手、八百屋、魚屋、花屋、飲食店など
年配の人のみならず、30代の人なんかも
おおきにを使うんですね。

言わば、ビジネス関西弁として
おおきにが日常でも使われるということ。

ですので、
まとめるとおおきには普段言わないけど、
ビジネスではよく使われるということです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク