日常生活でよく使う大阪弁(関西弁)一覧

日常生活でよく使う大阪弁(関西弁)一覧

※お知らせ

関西弁に特化したブログを作りました。

よく分かる関西弁講座

今後どんどん記事を書いていくので、
上記もご覧ください。

まず、関西弁でも大阪・兵庫・和歌山と京都・奈良・滋賀で違います。

1番違うのが、前者は~エ段+へんになるのに対し、京都・奈良・滋賀では”ない”をそのまま”へん”になります。

例) わからない→わかれへん(大阪・兵庫・和歌山)

わからへん→(京都・奈良・滋賀)

行かない→行けへん(大阪・兵庫・和歌山)

行かない→行かへん(京都・奈良・滋賀)

行けない→行かれへん(大阪・兵庫・和歌山)

行けない→行けへん(京都・奈良・滋賀)

※大阪でも北摂や京都よりの地域では京都・滋賀に近い方言になるし、
奈良でも大阪に近い地域では大阪に近い方言になります。

他地域の人はこれをまずは覚えておいてください。

それを踏まえて、よく使う関西弁を以下にまとめます。

~ひん・・・ないの上がイ段で終わるものはへんではなくひんを使う。

着ないきーひん、見ないみーひん、似ない→にーひん、しない→しーひん

せーへん・・・しないの意味、京都や滋賀ではしーひんの方が使う

けーへん・・・来ないの意味、大阪・兵庫・和歌山で良く使われる。京都や滋賀・奈良ではこーへんとなる。

こーへん・・・来ないの意味、京都・滋賀・奈良・北摂(大阪北部)・京阪沿線(京都よりも大阪)地区では
こーへんを多用。

でーへん・・出ないの意味、関西全域で使う

でけへん・・・できないの意味、大阪・兵庫で良く使われる。京都や滋賀・奈良ではできひんとなる。

あれへん・・・ないの意味、大阪・兵庫・和歌山で良く使われる。京都や滋賀・奈良ではあらへんとなる。

言われへん・・・言えないの意味、大阪・兵庫・和歌山で良く使われる。京都や滋賀などでは言えへんとなる。

行かれへん・・・行けないの意味、大阪・兵庫・和歌山で良く使われる。京都や滋賀では行けへんとなる。

ありえへん・・・ありえないの意味、若い世代の人が多用。

行けへん・・・行かないの意味、大阪や和歌山では行かないの意味で行けへんを使う

京都や滋賀では行けないの意味

行かへん・・・行かないの意味、京都・滋賀・奈良・北摂(大阪北部)・京阪沿線(京都よりも大阪)地区では
行かへんとなる。

わかれへん・・・分からないの意味、大阪・兵庫・和歌山で良く使われるわからないの意味。

京都・滋賀・奈良ではわからへんとなる。

かめへん・・・かまわないの意味、かまわないに限りかまえへんとならず、かめへんorかまへんとなる。

ほんま・・・本当の意味、関西全域で使う。

なおす・・・片づける、しまっておくの意味、関西全域でかなり良く使う。

~回生・・・関西では大学生に限り1年生を1回生、2年生を2回生、3年生を3回生、4年生を4回生という。

学年を聞く時にも、何回生?と聞く。

つきだし・・・居酒屋などで最初に出されるお通しのこと。関西ではかなりよく使う。

こしらえる・・・作るの意味、年配の人がよく使うが、若い人は使わない。

ほかす・・・捨てるの意味、40代以上の世代の人がよく使う。

べべ・・・びりの意味、最下位のこと。関西全域で使う

ばば・・・大便のこと。

言うて・・・言っての意味、関西全域で使う。

買うて・・・買っての意味、40代以上の世代の人がよく使う、若い世代は買ってを使う。

会うて・・・会っての意味、40代以上の世代の人がよく使う、若い世代は会ってを使う。

わろてる・・・笑ってるの意味、40代以上の世代の人がよく使う、若い世代は笑ってるを使う。

つこた・・・使ったの意味、使うたの”う”を省略し、年配の人がよく使う。若い世代は使ったを使う。

さぶいぼ・・・鳥肌のこと。年配の人がよく使う。

※お知らせ

関西弁に特化したブログを作りました。

よく分かる関西弁講座

今後どんどん記事を書いていくので、
上記もご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

Sorry. No data so far.

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ