立命館宇治高校偏差値と入試結果(倍率・合格最低点)

●2018年偏差値(専願)

IB・IM 65

普通 63

※五木・進研模試の偏差値を参考に独自に算出

●合格最低点

※専願

2017年 IM 319/400

コア
299/500

※倍率(専願)

2017年 IM
1.5倍
普通
1.35倍

総評

立命宇治は海外の大学を目指すIBコース、
1年間の留学を課すIMコース、立命館大を目指す普通コースの3コース編成。

以前は本家立命館と立命館宇治では宇治の方がかなり入りやすく、
穴場だったが、現在はさほど難易度は変わらず、
立命館宇治の難易度はかなり上がっている。

関関同立付属校は高校からの外部募集は少ない傾向にあるが、
立命館宇治は高校からも積極的に募集しているので、
関関同立付属狙いの場合、立命宇治は受験校の1つとして
検討したい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク