関関同立産近甲龍志願者数増減率2017

関関同立産近甲龍志願者数増減率2017

※前期のみ

●同志社 110.8%

●関学 112.5%

●立命 100.1%

●関大 101.6%

●近大 110.2%

●甲南 104%

●龍谷 89.6%

●京産 114.9%

総評

関関同立産近甲龍で今年志願者数が増えた大学の順は
京産>関学>同志社>近大>甲南>関大>立命>龍谷で、
龍谷以外の7私大すべて志願者数を増加させている。

京産、関学は昨年志願者数が例年より激減し、今年は隔年現象で大幅増。

京産の激増の影響を受けて龍谷が志願者を一気に減らした。

同志社は阪大後期入試廃止の影響により、同志社を併願した志願者が多いと思われる。

後期試験は同志社・関学以外で実施されるが、今年は龍谷がねらい目かもしれない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ