近畿地区春のセンバツ甲子園出場校予想2017

近畿地区2017春のセンバツ甲子園出場校予想

近畿地区からは6校選ばれるので、以下の高校が選ばれると予想します。

※◎は当確、〇はまず選出、△は可能性あり ×は可能性は少ない(やや厳しい)

◎履正社(大阪) 秋季近畿大会優勝 秋季大阪大会2位

◎大阪桐蔭(大阪) 秋季近畿大会ベスト4  秋季大阪大会3位

◎神戸国際大付属(兵庫) 秋季近畿大会準優勝 秋季兵庫大会1位

◎滋賀学園(滋賀) 秋季近畿大会ベスト4 秋季滋賀大会1位

〇智辯学園(奈良) 秋季近畿大会ベスト8    秋季奈良大会1位

〇報徳学園(兵庫) 秋季近畿大会ベスト8    秋季兵庫大会2位

△東山(京都) 秋季近畿大会初戦敗退 秋季京都大会1位

×上宮太子(大阪) 秋季近畿大会ベスト8  秋季大阪大会1位

×市立高田商業(奈良) 秋季近畿大会ベスト8  秋季奈良大会2位

総評

おそらく、履正社、大阪桐蔭、神戸国際大付属、滋賀学園、智辯奈良、報徳の6校が
2017年センバツ出場の可能性が高いと思います。

上宮太子は大阪大会で履正社を下し優勝しているので、可能性はあるものの、
大阪から3校選ばれることはないので、秋季大会でベスト4まで残った大阪桐蔭の方が
選出の可能性は高いでしょう。

東山高校は激戦区京都枠で選出の可能性はあるものの、
秋季近畿大会での初戦敗退が痛く、東山に勝利した報徳学園の方が選出の可能性は高いかと。

市立高田商業は公立枠での選出の可能性はあるものの、
履正社にコールド負けを喫しており、やや難しい印象です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ