大阪コンサートホールキャパ(収容人数)一覧

大阪コンサートホールキャパ(収容人数)一覧

大阪のコンサートホールの収容人数をランキング形式で紹介します。

1位 大阪ドーム 36627名 ※ライブ使用時

2位 大阪城ホール 11200名

3位 大阪城野外音楽堂 3002名

4位 フェスティバルホール 2870名

5位 大阪国際会議場 2754名
(グランキューブ大阪)

スポンサーリンク

6位 ZEPPなんば 2513名(※座席レイアウトは1206席)

7位 オリックス劇場 2400名

8位  梅田芸術劇場メインホール(梅田コマ劇場) 1905名

9位 ザ・シンフォニーホール 1704名

10位 なんばHATCH 1500名

11位 NHKホール大阪 1417名

総評

大阪には東京国際ホーラムのような5000人規模の会場がなく、
大阪城ホールとフェスティバルホールや大阪城野外音楽堂で8000名も
収容人数の差がある。

フェスティバルホールとオリックス劇場が同時に改装に入った時期は
大阪国際会議場に集中しれライブが行われ、過密日程となったので
あともう1つ中堅規模のライブ会場が欲しい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ