大阪私立高校の受験前の事前相談とは

大阪の私立高校では昔から

●中学浪人を出さないこと

●各高校の定員割れを防ぎ、定員を確保すること

●同レベルの特定の高校に志願者が集中しないようにすること

●質のいい生徒を確保すること

これらの理由から、出身中学の進路指導の先生や担任の先生と密にコンタクトを取り、
入試前に、事前相談というのがあります。

スポンサーリンク

事前相談で、中学側の先生が実力テストの結果や模試の結果等を高校側に提示し
○が付けば、受験OKとなり、その高校を受験することが出来ます。

×が付けば、受験校変更。

△の場合、当日の試験結果次第。

このようにランクがあるんですね。

ただ、この事前相談というのは不確定の話ですが、
○が付いた時点で実はもう合格は決まっているという話です。

本番でよっぽどの悪い点数を取らない限り合格。

入試前にはもう結果が出ていて、入試はいわゆる出来レースという話も。

早ければ、11月ぐらいにもう合格の内定が決まっているという話もあるので
入試直前の時期に頑張って偏差値を上げても・・・・という話です。

だから、行きたい高校があるのなら
遅くても中2の段階で普段からの勉強を頑張って好成績を取り、
中3の夏までには一定の成績を残しておかないことには、○をもらうのは厳しいです。

ただし、大阪星光学院など超難関私立高校の場合、
こういうのは一切なく、入試本番一発勝負です。

まとめると、

●事前相談によって入試前(11月12月)に結果が決まっているという話があるので
高3の夏までに一定の成績を残しておく

●中学での素行不良、欠席日数等に十分注意する

●一部の人気校は当日一発勝負

これらに気をつければ、あなたの行きたい学校に行けると思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ