岡田彰布元監督が阪神の2015現状を解説

先日ネット動画で岡田彰布元監督が阪神の現状を解説していました。

僕は現役時代から岡田さんのファンで有料メルマガも読んでます。

今回の動画も岡田氏は思ったことをズバズバ言うので非常に楽しかったです。

で、今季の阪神。

これまでの戦いを振り返って、今のところ予想通りというか普通ということ。

スポンサーリンク

外国人が去年のように活躍すれば優勝を狙えるし、去年のような数字を残さなければ
勝率5割前後じゃないかと。

ただ、外国人が去年のように活躍できると思っていたら大間違いで
そこをもう少し考えておいた方が良かったと何度も力説していました。

とにかく、今の阪神は外国人主体のチームになっているので、外国人次第であると。

特に、マートンが打ち出せば、自ずと順位も安定してくるんでしょうね。

岡田氏はマートンを4番にして全打席ホームランを狙わせろと言ってましたが、
それぐらい大胆な采配を和田監督に期待したいです。

岡田氏曰くピッチャーはそろっているからある程度問題ないが、
野手が7年間生え抜きレギュラーがいないのが課題と。
上本選手以降生え抜きのレギュラーが7年間もいないことに危惧していました。

特に、サード。まともなサードおれへんやんかと(笑)

おもしろいですね。

動画を見ていると、岡田元監督の阪神愛がものすごく伝わってきました。

岡田元監督に個人的に復活して欲しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ