大阪府私立高校授業料無償化対象となる世帯年収

大阪の私立高校の授業料無償化について詳しく書きます。

まず、無償化対象となる世帯年収は590万未満の家庭です。

たとえば、旦那さんが年収580万、奥さんがパート収入15万の場合
世帯年収595万となるので、無償化にはなりません。
(※この場合年間20万の負担となります。)

世帯年収590万から800万未満で年額20万の負担。

平成28年度から世帯年収800万以上の場合、通常の授業料を負担となります。

スポンサーリンク

サラリーマンの平均年収が430万前後であることを考えると、
共働きをしていない多くの家庭が無償化対象となります。

注意したいのが、あくまで授業料が無償なだけで、
学校教育費(教材、制服、修学旅行、PTAなど)当然ながら有料です。

学校教育費は公立で約23万、私立で72万かかると言われています。

現役で大学に入れば、公立の方が断然安いですが、
公立高校に入って、浪人して予備校に入って大学に行くことになると、
実際はそこまで変わりません。

そういう意味で大学付属の私立高校に行く生徒もたくさんいます。

この辺をよく踏まえて、志望校を選択するようにしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ