河合塾・代ゼミ・駿台予備校の特徴と違い

三大予備校である河合塾と代ゼミ、駿台予備校どこに通えばいいのか?

これについて書きます。

最初に、いくらいい予備校でいい先生でいいテキストであっても

あなたが勉強しないことには、どこの予備校行っても一緒です。

いいですか?

まずそれを忘れないで下さい。

スポンサーリンク

で、代ゼミ・河合塾・駿台でどう違うのか?と言うと、

代ゼミ 放任主義(大学と同じで自由)
講師陣が豊富で、あなたに合う講師が見つかりやすい

河合塾 テキストがものすごくいい。
管理体制が整っている(チューター、担任制度フォロー体制が充実)

駿台  フォローは代ゼミと河合の間ぐらい。
真面目な生徒が多い。直接講師に質問しやすい。
自習室や50分授業で集中できる環境が整っている。

印象としてはこんなとこです。

私自身現役時に駿台、浪人時代ゼミに通ってましたが、
代ゼミは授業に出ようが出まいがフォローはありません。

自主性を重んじて、監視の目があるとやりにくいあなたには
ぴったりなのは代ゼミです。

逆にやれ!と言わないとサボってしまうようなあなたは
河合塾の方がいいです。

テキストがものすごくいいので、
河合塾のテキストの復習と予習、あとは各大学の過去問さえすれば合格に近づけるでしょう。

駿台は大手予備校の割にこじんまりとしていて、講師に質問しやすいです。

代ゼミと河合はチューターには質問しやすいですが、
講師に直接となるとちょっとだけ勇気が要ります。

それと駿台は元から真面目な生徒が多いことが多いので、
周りに流されにくいという利点もあります。

よく理系は駿台、文系は河合、講師は代ゼミと言いますが、
そんなことよりも、上に書いたことを参考にあなたに合った予備校を見つけて欲しいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ