関関同立の就職率の差

関関同立の就職率の差

まず、一流企業の就職率で見てみますと、

同志社 27.5%

関西学院 21.2%

立命館 19.7%

関大 15.7%

出典

サンデー毎日2014年7月22日発売号

スポンサーリンク

上記のように、同志社がやや頭一つ抜けています。

関大と同志社では約12パーセント違うんですね。

以前は同志社関学の2強でしたが、
現在は同志社の1強です。

関学は立命とほぼ互角で、関西基盤の会社やOBの多い会社には強いものの
東京基盤の全国区の会社では、現在立命館の方が知名度があり、
就職においては有利です。

偏差値でも近年は
同志社>>関学・立命館>>関大と差が広がってきており、
超有名企業に入りたいのなら頑張って、同志社に入学するのをおすすめします。

最近では、学歴なんかは関係ないと言われてはいますが、
実際のところ超有名企業になると、東大京大や早慶が中心の採用になっており、
まだまだ学歴社会が残っています。

就活で有名企業にエントリーしても書類選考で落とされる場合も多々あります。

関関同立では同志社・関西学院・立命館に入学しておけば、
書類選考で落とされることは少ないので、

あなたが一流企業に入社して安定した生活を送りたいのなら、
本命は同志社、できれば立命・関学までに入っておきたいです。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ