大阪の梅田や難波は東京で言うとどこになるか?

大阪の地名を東京でたとえるとどこになるか?
解説します。

梅田=新宿

難波・心斎橋=渋谷・原宿

天王寺・あべの=池袋

日本橋=秋葉原

このような感じです。

スポンサーリンク

全体的に東京を一回り小さくしたのが大阪で
結構街の構造が似ています。

梅田は今再開発ですごいことになっていますが、
人の多さは新宿には完敗します。

心斎橋は原宿に近くて、堀江なんかは裏原宿に近いですね。

裏原宿にある服屋さんが大阪の堀江に支店を出していることが多いですし、
原宿の竹下通りにいる人とアメ村にいる人の年齢層がぴったり一致します。

難波は強いて言えば渋谷に近いですが、こちらは心斎橋と堀江に比べると
そんなに似てません。

天王寺・あべのは池袋に近いです。

こちらも駅前は発展しているけど、ちょっと路地に入れば、
下町という雰囲気が似ていると思います。

大阪の電気街日本橋は東京でいう秋葉原です。

日本橋は以前もっともっと活気があったんですが、現在オタロード以外は
やや衰退気味でちょっと秋葉原に比べるとしょぼいです。

以上。

大阪の地名は東京でいうどこか?でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ