メガネをかけると目が悪くなるって本当か?

メガネをかけると目が悪くなるっていう話聞いたことがあると思います。

結論から言ってそれはデマです。

見えないのに無理して目を細めてみたり、じーっと焦点が合うまで見たりすると
その方がかえって目が悪くなります。

なぜなら、遠いところを見るのに絶えず力を使って見よう見ようとしていると
目に極度の負担がかかり、徐々に視力も衰えるからです。

だから見えない時はメガネを掛けて遠くを見るようにしましょう。

見えない時だけ、例えば黒板の文字が見えないから
授業中だけメガネを掛けるのもいいです。

無理して見よう見ようとしないようにしましょう。

ちなみに視力は大体高校生ぐらい
遅い人でも20歳ぐらいで進行は止まります。

中学生ぐらいが1番進みやすい時期なので出来るだけ定期的に
視力測定はするようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ