レーシックとメガネとコンタクトどれがいい?

レーシックとメガネとコンタクトどれがいいか?について解説します。

元々僕はレーシックもコンタクトもメガネも扱うメガネ店の店長をしていたので
専門的なことまで解説したいと思います。

まず、結論から言って最も目にいいのはメガネです。

スポンサーリンク

コンタクトは目にフタをするようなもので、目の細胞が呼吸しにくくなり
どんどん減ってくる。

レーシックは角膜を削って手術するんですが、
表に出てないだけで合わない人は何度も手術を受けたり、ドライアイに悩まされたり、
焦点を合わす時に、片目がやや違う方向を向いてしまったり・・
実はいろいろと弊害があります。

95%は大丈夫なんですけど、残り5%の方がやっぱそういう症状に悩まされているのが
現状です。

そういう意味でメガネは視野こそやや狭くなるものの、
目にフタをしないし、目の細胞も減らない。

目にメスを入れる訳でもないので1番安心なんですね。

ただし、強度近視の方や乱視がかなり強い人は
メガネでも合わない場合があり、場合によってはコンタクトの方がいい場合もあります。

目や見え方で悩んでいるあなたは、1度眼科で視力を測定してみて
相談してみることが不可欠です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ