乱視が強い場合のメガネとコンタクト

乱視が強い場合、以下の3つの矯正の選択肢があります。

1 メガネで矯正する

2 乱視用ソフトコンタクトを使用

3 ハードコンタクトを使用

スポンサーリンク

2の乱視用ソフトコンタクトはここ10年ぐらいから登場しましたが、
どちらかというと、乱視が弱い人にとっては見えやすいけど、
乱視が強い人にとっては見えにくいと思います。

1~3の中で2が違和感が1番少なく使いやすいんですが、
見え方に難ありです。

よって、1にするか3にするかなんですが、
ハードコンタクトは慣れないうちは目がごろごろしたり、
乾燥しやすかったり、乾いた時に目にキズがいってしまいやすくなる等
リスクがあるので、個人的にあまりおすすめできません。

1番のおすすめはメガネにすることです。

メガネは乱視の度数はもちろん乱視軸もきっちりと合わせることが出来る為
1番見えやすいからです。

以上乱視が強い場合のメガネとコンタクトでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ