度付のサングラスを作る時に気をつけるべきポイント

度付のサングラスを作る際にフレーム選びに注意しないと後で後悔します。

まず、カーブの強いタイプのフレームを選んでしまい、
それに度を入れると、かなり見え方に歪みが生じてしまい、
気分が悪くなります。

ずっと掛けているのが困難になるんですね。

多くのサングラスはカーブが強いものばかりなので注意が必要。

その為、なるべくメガネに近い形状のサングラスを選んで
それに度を入れるようにしないといけません。

もしくは、マサキマツシマのようなフレームの大きいメガネに
カラーを入れて度付サングラスのように使用するのが見え方としても快適で、
使いやすいです。

スポンサーリンク

1番いいのは、メガネ屋さんで度付のサングラスを作りたいんですけど、
どういうタイプのフレームに度を入れるのがおすすめですか?と店員に聞くことが大事です。

その際、さりげなく店員さんの親指の爪を見てみて下さい。

どちらかの親指の爪が長い人は実際にメガネの加工もしていて、詳しいからです。

そのへんにいる店員さんに聞いてしまうと、加工をしていないので
見え方の違いなど細かいところが分からないんですね。

とにかく、度付のサングラスを作る際は、店員さんとコミュケーションを取って
慎重にフレームを選ぶことが重要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ