老眼でパソコン用のメガネの度数

普段メガネが必要ない人が45歳ぐらいになると
手元の文字のみならず、PCの画面まで見えにくい症状が現れます。

心配しなくても、これは正常な現象で
パソコン用のメガネを1つ作ればまったく問題ありません。

中近両用メガネというのもありますが、
視野が狭くなるんで、どちらかと言うと、老眼鏡をゆるくしたものを
掛けるのがパソコン用メガネとして使いやすいです。

スポンサーリンク

パソコン用メガネの度数の例

(普段メガネを掛けていない目のいい人や
CLをしていて遠くは見えている人の場合)

45歳 +0.50

50歳 +1.00

55歳 +1.50

60歳 +2.00

65歳 +2.50

※CLの場合、CLの上から上記の度数のメガネをかけて下さい。

老眼鏡の度数より4段階ゆるいメガネを掛けることがおすすめです。

度数がゆるくなってきた老眼鏡を残しておいて
そのままパソコン用のメガネとして使用することも可能です。

また、パソコンから出るブルーライトを抑える為
ややカラーを入れた方が目の疲れを軽減できます。

パソコンの画面が見えづらくなってきたあなたは
ぜひ上記の度数のメガネを試してみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ