老眼の度数と年齢

老眼の度数と年齢について書きます。

まず、老眼は平均45歳から始まって65歳まで度数が進行します。

ですので、度が進むのに合わせて
3年から4年に1回はメガネ(レンズ)を買い替えないといけません。

で、度数はどれを選べばいいのか?

普段メガネを必要としていない人で、
以下の度数になります。

45歳 +1.00~+1.50

50歳 +1.50~+2.00

55歳 +2.00~+2.50

60歳 +2.50~+3.00

65歳 +3.00~+3.50

CLを装着していて、近くが見えにくい場合も
CLの上から上記度数のメガネを掛けましょう。

老眼鏡に慣れていない場合や眼鏡を掛けるとしんどくなりやすい場合
弱い度数で選んでください。

55歳以上の場合、5歳若い度数を選んでも問題はありません。

メガネのフレームに関しては、基本的にどんなフレームを選んでもいいですが、
度数が強い場合、ややレンズに厚みが出るので、
プラスチックの枠(セルフレーム)を選ぶのが無難です。

度数さえ分かれば今はネットで眼鏡を購入できます。

JINSが値段も安いし、フレームも豊富にあるんで
おすすめです。

メガネのサイズは54で男性平均サイズ。

52で女性平均サイズとなります。

顔が大きめのあなたは、男性で55サイズ以上
女性で53サイズ以上のメガネを選んでください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ