老眼は何歳から始まるか?

老眼は何歳から始まるか?

結論から言うと、平均45歳からです。

早い人で40歳手前から遅い人でも50歳過ぎには
みんな老眼になります。

初期症状としましては、
ご飯を食べている時にどうもご飯粒が見えにくくなったり、
ふと手を見ると手のしわが見えにくくなってくる。

他に、新聞や雑誌を次第に離して読むようになる。

こうなると老眼の始まりです。

スポンサーリンク

かといって、何も心配する必要はありません。

誰もが老眼になるし、老眼鏡を遅かれ早かれ掛けるようになります。

老眼は65歳ぐらいまで進行するので、定期的に
老眼鏡の買い替えやレンズの入れ替え、目の見え方のチェックもした方がいいです。

老眼鏡を掛けるのがどうも抵抗がある場合、
メガネをかけたまま手元の文字も見れる遠近両用メガネがおすすめです。

視野は老眼鏡より狭くなるんですが、掛けたまま歩けるし、
遠近両用だと老眼って一見バレませんしね。

近くの見え方に不安がある場合、
近くの眼鏡屋さんや眼科で一度相談に乗ってもらうといいでしょう。

僕が以前店長をしていた大手のメガネ屋さんでは都会のど真中にあったので
連日老眼なのか?確認して欲しいと来客がありました。

めっちゃ綺麗な40歳ぐらいの女性の方とかも来てました。

だから、老眼でまったく心配する必要はないです。

45歳ぐらいでみんななります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ