神戸弁の特徴と関西弁との違い

神戸弁の特徴

まず、地域で言うと、
伊丹・川西・尼崎までは完全に大阪弁に近いんですが、
武庫川を渡って西宮市に入ったところから
神戸弁が出てきます。

「~してる」が~「しとう」になります。

例)

もう起きてる?→もう起きとう?

遊んでる?→遊んどう?

まず、京都弁や大阪弁との最大の違いがこの”とう”です。

スポンサーリンク

次に、広島や岡山等でも使われる
~よったも使います。

寝てた?→寝よった?

他に、神戸独特の言葉があります。

細かい→こまい

ちんちん焼き→ベビーカステラ

この2つは神戸人はよく使うのですが、
他の関西人は一切使いません。

それから、京都弁と大阪弁の最大の違いにあった”へん”の使い方ですが、

●行かない 京都 行かへん 大阪 行けへん 神戸 行かへんor行けへん

神戸の場合両方使います。
(比較的若い子は行かへんと言う方が多い)

●行けない 京都 行けへん 大阪 行かれへん 神戸 行かれへん

どちらかと言うと、大阪弁に近いのが神戸弁になります。

余談ですが、京都はエスカレーターは東京と同じように、左に立って右を空けるんですが、
大阪と神戸は右に立って左を空けます。

これは全国でも大阪と神戸だけなんですね。

そういうこともあって、大阪と神戸は言葉も習慣も近いと言えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ