関西弁「へん」と「ひん」の使い方の違い

関西弁の「へん」と「ひん」の使い方の違いについて解説します。

まず具体例から見ていきましょう。

見ない→見ぃひん

着ない→着ぃひん

居ない→いぃひん(京都で多用) (大阪神戸ではおれへん・おらへん)

しない→しぃひん(京都で多用) (大阪神戸ではせーへん)

スポンサーリンク

※ないの上がすべてイ段で終わってるのは分かりますか?

見ない(まみむめものみ) 着ない(かきくけこのき)

居ない(あいうえおのい)

こういうのは基本的に「へん」ではなく「ひん」を使います。

一方で、「へん」ですが、ないの上がイ段以外の言葉はすべて「へん」を使います。

わからない→わからへん(大阪や和歌山ではわかれへんと言う)

出ない→出ーへん

来ない→けーへん、こーへん

知らない→知らへん

はい。

お分かりいただけたでしょうか?

あと、京都では「ひん」をよく使う傾向にあります。

例えば、イ段で終わる言葉以外でも来ないを「きぃひん」と言う場合もあります。

しないは大阪や神戸ではせーへんと言うのに対して、京都では「しぃひん」。

大阪や神戸では良く使うのは「見ぃひん」と「着ぃひん」ぐらいです。

あとは全部「へん」を使います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ