関西弁あのね、これね、それでねは敬語

関西弁のあのね、これね、それでね、は親しみを込めた丁寧語です。

例1) 先生、あのね、こここれで合ってますか?

例2) これね。ちょっと分かりにくいんで変えておきました。

例3) その日は仕事遅くなってしまって・・・それでね、直帰しました。

上記のように、普通に上司は目上の人に対して親しみを込めて使います。

実際、私は大阪出身で他地域出身の上司に、
いやぁあのね・・・と使うと、

おまえ誰に口聞いてたんだよ!とキレられたことがあります。

ですから、あのねやそれでねは関西以外では通用しないので
関西出身のあなたは十分注意して下さい。

逆に、関西以外の地域出身のあなたは、関西出身の人があのね~と言っても
親しみを込めた敬語で使っているので、大目に見てあげて下さい。

よろしくお願い致します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ