関西弁やんの使い方と意味

関西弁で多用される”やん”ですが、いったいどういう場面で使われるのか?

検証します。

1 語尾で使う”やん”

例)

その服似合ってるやん!

成績上がってきてるやん!

部屋片付いてるやん!

関東でいう”じゃん”の意味で関西では”やん”を使います。

関西だけでなく、中国四国九州でも使われます。

スポンサーリンク

2~してさぁの意味で使う”やん”

例)

昨日あんまり寝てないねんやん。だから今日は早く帰る。

今日は家に親が来てるねんやん。だからまた今度にしてー。

若い人は~してさぁの意味で”やん”を多用します。

”やん”ではなく”やんかぁ”を使う人も多いです。

3否定の意味で使う”やん”

例)

今日は寝やんと仕事行くわ。

今日は雨やしお客さん来やんと思う。

授業出やんとくわ。

これは和歌山や三重・大阪南部でよく使われる否定のやんです。

寝やん→寝ん→寝ない

来やん→来ん→来ない

出やん→出ん→出ない

やんのやは入れない方が他地域の人はわかりやすいのですが、
和歌山や三重・大阪の南部ではよく使われます。

大阪北部や兵庫・京都では否定のやんは使いません。

以上

関西でよく使われる”やん”の使い方と意味でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ