ここ10年で難関国公立大合格実績が伸びた私立高校(関西)

ここ10年で難関国公立大合格実績が伸びた関西の私立高校

※難関国公立大は旧帝大・一橋大・東工大の実績

1位 須磨学園(兵庫) 50名

2位 大阪桐蔭(大阪) 35名

3位 雲雀丘学園(兵庫) 27名

4位 灘(兵庫) 25名

5位 開明(大阪) 24名

6位 桃山学院(大阪) 22名

参考文献 サンデー毎日20164月26日発売号

スポンサーリンク

総評

関西の私立高校で20名以上旧帝大や難関国公立大の進学実績を上げたのは
須磨学園・大阪桐蔭・雲雀丘学園・灘・開明・桃山学院の6校のみ。

須磨学園・大阪桐蔭は中堅私立校から一気にトップ私立へ登り詰め、
偏差値も急上昇している。

同じく開明も貿易学院から改名し、男女共学化と改革を進めてきた結果、
大幅に難関大合格実績を上げた。

桃山学院も同様に併設中学を設置し、男女共学化、S英数コース新設など
改革が功を奏した。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こちらの記事が人気です

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ